本ページはプロモーションが含まれています。


【物件購入判断コンサルティング受付中】

不動産投資で検討している物件の購入判断を相談したい方のためのサービスです。

・4,800円/30分(ZoomもしくはLINE音声orビデオ通話形式) 相談する

【不動産投資コンサルティング受付中】

不動産投資全般の相談ができるサービスです。物件の探し方・見分け方、戦略、融資、管理など何でもどうぞ。

・3,800円/30分(ZoomもしくはLINE音声orビデオ通話形式) 相談する

※「相談する」をクリックするとSquareの支払いページへ移動します。1時間をご希望の場合は、支払いページで数量を「2」にご変更ください。決済後24時間以内にレシート送信先登録のメールアドレスへ相談方法をお送りします。お急ぎの方やメールが来ない方は、当ブログのお問い合わせやTwitterのDMからご連絡ください。

不動産投資 各種手法とおすすめ手法

不動産投資の賢い規模拡大戦略3選と知っておきたい拡大フェーズ2選

不動産投資の賢い規模拡大戦略3選と知っておきたい拡大フェーズ2選
困っている人
不動産投資で賢く規模を拡大するための戦略を教えて!

こんにちは、専業大家のMASA@2103ou_masuke)です。

「不動産投資の規模を拡大していく方法は?」

「どうやったらより早く拡大できる?」

不動産投資家のほとんどが、より早い事業規模拡大を考えていると思います。

もちろん私もその中の一人ですが、不動産投資で急速に規模拡大するのは簡単ではありません。

銀行がフルローンやオーバーローンでバンバン貸してくれるような状況なら容易ですが、購入する度に頭金や諸費用を支払うと、なかなか次の物件を購入するための資金が作れない状況に陥ります。

例えば年収1,000万円の人でも、手取りは700万円で生活費が500万円かかるとしたら、不動産投資に使える資金は年間200万円しかありません。

銀行はよほど高収入か資産を持っていない限り、1回目の融資からすぐには次の融資をしてくれない可能性も高いです。

こうような状況の中で、どうやったらより早く事業規模の拡大ができるのでしょうか。

そこで今回は、より早く事業規模を拡大する戦略と拡大フェーズについて解説していきます。

特にFIREを目指している人にとっては重要な内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。

こんな方におすすめ

  • 不動産投資でより早く事業規模拡大したい
  • 購入する度に資金が尽きて困っている
  • 不動産投資の拡大フェーズを知りたい

不動産投資開始初期の規模拡大戦略

不動産投資開始初期は、できるだけ現金を使わないことが重要です。

そのため融資してくれる金融機関を選ぶ時は、できるだけフルローンに近い金額を融資してくれる金融機関を選ぶ必要があります。

例えば築20年3,000万円の木造アパートに対して、以下のような条件の金融機関がある場合、どの金融機関を選べばよいのでしょうか?

  1. 融資額2,500万円、金利2%、期間15年
  2. 融資額2,800万円、金利2.5%、期間15年
  3. 融資額2,800万円、金利2.8%、期間20年

私なら2の金融機関を選びます。

なぜならまずは手出しが少ないこと、次に期間を20年にしてしまうと、木造の耐用年数22年に対して大幅に超過してしまうため、次の融資に悪影響を及ぼす可能性が高いからです。

不動産投資は、より長期的な視野で物事を考え、決定していくことが重要になります。

ここでは金融機関を3つ挙げましたが、より多くの金融機関の選択肢を持つことも重要です。

金融機関の開拓は足で稼ぐしかありませんので、行動あるのみです。

銀行の選び方や融資を受けるコツについては、下のブログ記事をあわせてご覧ください。

不動産投資ローンの融資おすすめ金融機関|日本政策金融公庫・地方銀行・信用金庫・信用組合
不動産投資ローンのおすすめ金融機関|地方銀行・信用金庫・信用組合・日本政策金融公庫の比較

困っている人不動産投資ローンでおすすめの金融機関を教えて! こんにちは、専業大家のMASA(@2103ou_masuke)です。 「不動産投資ローンでいつもつまずく」 「不動産投資で金融機関を新規開拓 ...

続きを見る

不動産投資で融資を受けるコツ10選|金融機関との上手な付き合い方
不動産投資の融資戦略10選|銀行マンとの上手な付き合い方

困っている人不動産投資の銀行融資戦略を教えて! こんにちは、専業大家のMASA(@2103ou_masuke)です。 不動産投資家にとって最も大きな仕事は、良い物件を探すことと、銀行から融資を受けるこ ...

続きを見る

 

事業規模拡大のための物件の購入戦略

困っている人
できるだけ現金を使わないということはわかったけど、どういった物件を選べばいいの?

より早い事業規模拡大のために、物件購入で意識してほしいのは以下の2点です。

ポイント

  1. キャッシュフローが多く投資効率が良い物件
  2. 法定耐用年数や減価償却期間内での融資
  3. 転売した時に多くの利益が出せる物件

以下、それぞれ解説します。

 

キャッシュフローが多く投資効率が良い物件

より早い事業規模拡大に向いている物件は、キャッシュフローが多く投資効率が良い物件です。

早く現金を増やしていかなくてはならないため、当然といえば当然ですよね。

物件購入には少なからず現金を使うことにはなるでしょうから、使った現金をより短期間で回収できる物件を購入するようにしてください。

困っている人
投資効率が良い物件ってどんな物件?

投資効率を図るための指標として、ROI(年間キャッシュフロー ÷ 投資資金)やCCR(年間キャッシュフロー ÷ 自己資金)という指標がありますが、ROIは3%以上、CCRは30%以上を目安にするといいでしょう。

ROIやCCRについての詳細は、下のブログ記事をご覧ください。

不動産投資はレバレッジを意識し効率指標ROI・CCRを活用せよ!
不動産投資はレバレッジを意識し効率指標ROIとCCRを活用せよ!

困っている人不動産投資の事業を早く拡大したいんだけど・・ こんにちは、専業大家のMASA(@2103ou_masuke)です。 先日こんなツイートをしました。 不動産投資を早く拡大したいなら、レバレッ ...

続きを見る

不動産投資の重要指標2選ROIとCCR|表面・実質利回りは不要?
不動産投資の重要指標2選ROIとCCR|表面・実質利回りは不要?

困っている人不動産投資で購入判断の重要な指標はなに? こんにちは、専業大家のMASA(@2103ou_masuke)です。 不動産投資で物件を検討するにあたり、ほとんどの方が「利回り」という指標を参考 ...

続きを見る

 

法定耐用年数や減価償却期間内での融資

法定耐用年数を超える物件ばかりを保有していると、銀行の融資に悪影響を及ぼす可能性があります。

金融機関の中には、耐用年数を超えている物件に関しては、家賃ゼロとして評価する金融機関もありますからね。

また、法定耐用年数や減価償却期間を超えて融資を受けると、決算書の内容が悪化します。

決算書の内容が悪化すると融資に悪影響が出るので、融資期間はなるだけ減価償却期間内には収めるようにしてください。

減価償却期間や正しい融資期間の考え方については、下のブログ記事をご覧ください。

不動産投資における頭金と返済期間の落とし穴と正しい融資年数の算出方法
不動産投資における頭金と返済期間に注意!正しい融資期間の算出方法

困っている人不動産投資で正しい融資期間の算出方法を教えて! こんにちは、専業大家のMASA(@2103ou_masuke)です。 「不動産投資の融資期間は、より多くのキャッシュフローを得るために、でき ...

続きを見る

銀行が融資したくなる決算書やバランスシートの作り方については、下のブログ記事をご覧ください。

不動産投資で銀行が融資したくなる決算書やバランスシートの作り方
不動産投資で銀行が融資したくなる決算書やバランスシートの作り方

こんにちは、専業大家のMASA(@2103ou_masuke)です。 不動産投資は、融資を攻略することが事業拡大の大きなカギを握ります。 そして融資を引き出すためには、銀行が好む決算書を作る必要があり ...

続きを見る

 

転売した時に多くの利益が出せる物件

より早く事業規模を拡大していくためには、売却を絡めていくことも欠かせません。

そのためには、売却する際に大きな利益が出る物件を買う必要があります。

困っている人
大きな利益が出る物件ってどんな物件?

アパートは収益物件としてのみの売却になるので、よっぽど安く手に入れない限り、転売時に大きな利益は期待できません。

転売時に大きな利益が期待できるのは、オーナーチェンジのファミリータイプ区分マンションや戸建てです。

オーナーチェンジ物件とは

オーナーチェンジ物件とは、入居者(借主)がいるままの状態で売買される収益物件のことです。
賃貸人(オーナー)のみが、買主に変わる(チェンジ)ため、オーナーチェンジ物件と呼ばれます。

なぜなら購入する時は賃借人がいるため、需要の少ない収益物件として安く買えて、賃借人が退去した際には、需要の大きな実需物件(買った人が住むこともできる物件)として売却できるため、高く売れる可能性が高いからです。

もちろん購入する時に、相場や成約事例などを確認して、それよりも安く買う必要があります。

実際に私は、800万円で買ったオーナーチェンジの区分マンションが、約2年後の退去時に買取業者で1,600万円の値が付いたことがあります。

これだけでざっくり800万円の利益ですからね。

やはり売却を絡めることで、資産を効率的に増やすことができます。

ただし相場や成約事例はプロでないと分かりませんので、私が提供している下記サービスをうまく利用いただけたらと思います。

不動産投資のコンサルティングサービス
不動産投資のコンサルティング相談窓口30分3,800円~受付中!

困っている人不動産業者ではない先輩大家さんで、相談にのってくれる人いないかなぁ 私は元大手不動産売買仲介会社のトップ営業マンで、現在専業大家として不動産投資の相談サービスを提供しています。 なぜなら不 ...

続きを見る

 

賢く事業規模拡大するための物件の売却戦略

退去したら売ればいいのかというと、そう簡単なものでもありません。

個人の場合、不動産の売却には不動産譲渡税が大きな影響を及ぼします。

不動産譲渡税はとてもやっかいで、取得から5年目を迎える年末までに売却してしまうと、短期売却として約40%の譲渡税がかかってしまいます。

そのため売却するのは、よほど大きな利益が出ない限りは、5年目の年末以降にするようにしましょう。

ちなみに法人の場合は、法人の全体利益に対しての税率になるので、気にする必要はありません。

つまり、より早い事業規模拡大を目指している人は、早めに法人を設立しておくことをおすすめします。

法人の賢い設立タイミングについては、下のブログ記事をご覧ください。

不動産投資で法人化するベストタイミングとは|メリットとデメリット

困っている人不動産投資の法人化のベストタイミングを教えて! こんにちは、専業大家のMASA(@2103ou_masuke)です。 不動産投資における法人化のタイミングについては、私が運営しているコミュ ...

続きを見る

 

不動産投資の規模拡大フェーズ2選

不動産投資には、事業規模が急速に拡大していくフェーズが、大きく2つあります。

ポイント

  1. 売却による大きな利益が得られる時
  2. 融資返済が終わり始める時

以下、それぞれ解説します。

 

売却による大きな利益が得られる時

より早い事業規模拡大のためには、売却が欠かせないことは既にお伝えしました。

個人の場合の事業規模拡大フェーズは、投資を開始してから5,6年後以降の、売却による大きな利益が得られる時期からになります

とはいえ、思い通り5,6年経った物件から退去が発生するわけではないので、実際はそれ以降に順次売却できるようになるでしょう。

このフェーズに入ると、まとまった現金が増えて残債は減っているので、銀行からの評価も上がり、より大きな物件が購入できるようになります。

 

融資返済が終わり始める時

次に収入が大きく増えて事業規模が拡大できるのは、融資の返済が終わり始める頃です。

融資返済の大きな支出がなくなり、その分キャッシュフローが増えるので、現金が加速度的に増えだします。

返済が終わると、その分の融資枠が拡大しますので、借り入れもしやすくなります。

その頃には、銀行の方から「案件はないのか」や「借りてほしい」などと言われていることでしょう。

 

おわりに

いかがでしたか?

不動産投資でより早く事業規模を拡大するためには、以下3点を意識しながら進める必要があります。

ポイント

  1. 現金をなるべく使わない
  2. キャッシュフローが十分な物件を選ぶ(ROI3%以上、CCR30%以上)
  3. 売却時に大きな利益が出る物件を選ぶ(売却は長期譲渡になってから)

これらの戦略を意識した経営ができれば、より早い事業規模の拡大ができるでしょう。

また、より早く現預金が増えることで銀行からの評価も高くなり、より大きな物件が買えるようになります。

不動産投資で規模を拡大していきたいのであれば、これらの拡大フェーズを頭に入れ、焦らず着実に事業を拡大させていきましょう。

事業規模の拡大に関する相談や、不動産投資に関する相談は下記サービスをご利用ください。

不動産投資のコンサルティングサービス
不動産投資のコンサルティング相談窓口30分3,800円~受付中!

困っている人不動産業者ではない先輩大家さんで、相談にのってくれる人いないかなぁ 私は元大手不動産売買仲介会社のトップ営業マンで、現在専業大家として不動産投資の相談サービスを提供しています。 なぜなら不 ...

続きを見る

この記事がためになったという方は、ぜひSNSなどで他の方にも教えてあげてくださいね!


【不動産投資LINEチャット無料コミュニティ参加者募集中!】

他の大家仲間とともに情報交換しながら、一緒に不動産投資について学んでみませんか?

相談や情報交換、他の大家さんと交流できるだけでなく、管理人である私MASAの不動産投資チームの紹介までしていますので、登記費用などの諸費用の経費削減ができます。

無料なのに知識や情報が得られて、経費削減までできてしまう超お得なコミュニティサロンです♪

使うツールはLINEのオープンチャットなので、気軽に始めることができ、積極活用がしやすい環境です。

当サロンの詳細は、👇👇👇をクリック!

詳しくはコチラ



【元大手不動産トップ営業マンの専業大家が教える不動産投資講座(全20本300分の動画講座)】

元大手不動産仲介トップ営業マンで、現在専業大家である私MASAが作った、不動産投資をこれから始めたい人、うまくいっていない人、さらに学びたい人のための不動産投資オンライン教育プログラムです。

全20本300分におよぶ動画講座ですので、気軽にストレスなく学ぶことができます。

また特典として、Zoomでのコンサルティングも30分無料でお付けしています。

当講座の詳細は、👇👇👇をクリック!

詳しくはコチラ



システムの関係上、毎月限定5名ですので、興味のある方はお早めにどうぞ!
  • この記事を書いた人

MASA

福岡在住の専業大家|不動産投資により30代でFIRE|不動産歴10年以上|不動産投資コンサルティング実績200件以上|宅地建物取引士&ファイナンシャルプランナー保有|元大手不動産売買仲介トップ営業マン|車で日本一周達成|サッカー&格闘技に没頭中|子育て奮闘中

-不動産投資, 各種手法とおすすめ手法

© 2024 不動産投資のためなるブログ Powered by AFFINGER5