不動産のこと 不動産投資

【気に入った物件を取られた人へ】すぐ埋まる人気物件を買う方法

すぐ埋まる-人気物件を-他の人に取られる-ことなく買う方法
困っている人
先日、気になった物件見に行って、気に入ったから申し込んだのに、他の人に取られてしまった(泣)
それは残念だったね・・
MASA
人気物件を買うための方法を教えようか?
MASA
困っている人
うん、教えて教えて♪

こんにちは、MASA@2103ou_masuke)です。

人気物件の場合、ネットにアップした瞬間に続々と内覧希望が入ります。

そして同日に申込が複数入った場合には、うまく買えない可能性があります。

こういった経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では人気物件を他の人に取られることなく自分のものにする方法を解説していきます。

私は大手不動産売買仲介会社で長い間勤めていましたが、同時に不動産投資家としても私自身、何件も購入してきました。

購入者を決める際のルールや選んでもらうためのテクニックを解説していきますので、参考にしていただき、人気物件を買い損ねないようにしてくださいね。

まずは、そもそもどういった考え方に基づいて、売る相手を決めるのか解説していきます。

 

気に入った人気物件に申し込みが重なった時の大前提の話

まず前提の話で認識を間違っている方が多いのですが、申込順で売る相手を決めているわけではありません。

最初に見て、最初に申し込みを入れた人が買えると思っている方が多いようですが、答えはノーです。

仲介会社によってやり方は違いますが、仲介会社もこのことを勘違いしている人が多いようです。

正しい答えは、「売主が決める」です。

例えば、最初に見たAさんが申込を入れましたが、ローンを使って購入予定のため、事前審査にも申込をしていったとします。

次の日、すぐにでも現金で買いたいというBさんが現れたら、あなたが売主だったらどちらに売ることを決めますか?

売主としては当然、より確実に買えるBさんを選びますよね。

このように、売主が決めるというのが大前提となります。

また、よく言われる1番手(順番)の優位性は、2番手の人が1番手を上回る条件で申し込みを入れてきたときに、1番手の人にそのことを伝えないといけないことにあります。

そして1番手の人が2番手の人の条件を上回ることができない場合は、2番手の人が購入することになります。

ただし、このケースでもあくまで決めるのは売主です。

1番手の条件が下回っていたとしても、最初に手を挙げてくれたからと1番手を選ぶ売主様も稀にいます。

当然1番手の人が申込条件を2番手より好条件に訂正した場合は、1番手の人が購入することになります。

メモ

買主は順番ではなく売主が決める

 

気に入った人気物件の購入者を決める具体的事例

例えば、売出開始と同時に大量の内覧希望が入り、1日では処理しきれないので2日に分けて内覧予約を取っていったとします。

本日3組、明日2組内覧予約が入ったとしたら、デキる担当営業マンであれば明日の結果を待って総合的に判断します。

そうしないと全員「最初に内覧させてくれ!」という話になりますし、最初の1人がたとえ現金満額で申し込みを入れたとしても、保険のために他の購入希望者も待機してもらうのが、売主と仲介会社の利益になるからです。

そして、明日取りまとめて売主の判断で決まることを、クレームにならないよう事前にお客様にも伝えておきます。

困っている人
じゃあ、売主に選んでもらうための最高の申込条件ってなに?

これ以上ない最高の条件は、現金で満額(金額交渉なし)、契約・決済の期日も売主の都合に合わすことができる人です。

1日目の人で、こういった条件の申し込みを入れる人がいなかった場合は、2日目に内覧する人達にもチャンスが出てきます。

困っている人
1日目に現金満額で買う人が現れても、「物件価格よりも高い金額で買う!」と言えば買えるんじゃない?
理屈的にはそうなんだけど、それは不動産業界ではタブーなんだよ
MASA

たまにこういった方がいますが、これはできません。

入札形式ではないですし、満額出しても買えない方が出てくるとなると、その人にとっては不当広告にもなりえます。

他の条件で他の人より良い条件を提示するようにしましょう。

 

すぐ埋まる人気物件を取られることなく買う方法

今までの話は、前提とあるべき姿の話で、ここからが本題です。

売主が決めると言っても、買主は交渉の段階で売主に会うわけではありません。

とりまとめや交渉はすべて仲介会社が行います。

ここがミソなわけです。

実際には仲介会社のさじ加減で誰を買主に選ぶか決めていることが多いのです。

では、仲介会社はどういった人を選ぶのでしょうか?

ズバリ「取引したいと思える」です。

では取引したいと思える人の条件をまとめてみます。

  • キャンセルしなさそうな人
  • 契約・決済の日程を売主および仲介会社に合わせてくれる人
  • 支払いに問題がない人(現金もしくはローン審査問題なし)
  • クレームを起こさなそうな人
  • 細かいことを言わなそうな人
  • 手がかからなそうな人
  • いい人

こういった条件を仲介会社は見ています。

なので内覧の時から、良い客だと思ってもらうことは重要です。

売主も仲介会社も、安全かつスムーズな取引をしたいと考えています。

人気物件を買いたいという方は、最高の条件提示とともに、いい人を装いましょう笑

 

すぐ埋まる人気物件の値下げ交渉術

とはいえ、人気物件であっても少しでも良い条件で買いたくなるものです。

それを実現するためのポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

  • 物件が出たら誰よりも早く見に行き、申込を入れたら、絶対買うから他の客には紹介しないでほしいと伝える
  • 最悪満額でも買うことを伝えたうえで、金額交渉をお願いする
  • 金額交渉に成功したら営業マンに袖の下を渡すことを伝える

袖の下は最終手段です・・

ポイントはとにかく迅速な行動と、営業マンにこの人のためなら好条件にしてあげたいと思ってもらえるように接することです。

営業マンも人間ですから、人によって態度ややり方を変えるものです。

仲良くなることは必須ですし、自分は良いお客さんだと言うことをうまく伝えて安心させてあげることが大事になります。

ただ、融通の利かない真面目すぎる営業マンの場合は、何をやっても言っても無駄になりますけどね^^;

結局は自分の人間力が問われるということです。

一般的な金額交渉術に関しては、鬼指値も可能!?不動産売買の㊙金額交渉術をご覧ください。

鬼指値も可能!?不動産売買の㊙金額交渉術~値引き可能物件の特徴8選~
鬼指値も可能!?不動産売買の㊙金額交渉術~値引き可能物件の特徴8選~

困っている人不動産売買の正しい金額交渉の仕方を教えて! こんにちはMASA(@2103ou_masuke)です。 物件を購入する際、誰もができるだけ安く買いたいと思っています。 大きな買い物ですから当 ...

続きを見る

 

まとめ

いかがでしたでしたか?

ポイントは掴めましたでしょうか?

申し込みが重なった際の大前提を理解し、どういう人が選ばれるかを理解し、好条件で買うための方法を理解することが重要です。

対人のことですので、こうすれば必ずこうなるということではなく、最後は人間力の問題にはなりますが、少なからず上記のことを実行できれば、うまくいく可能性は高まります。

ぜひ人気物件でも諦めずトライしてみてくださいね。

元大手不動産トップ営業マンの専業大家が教える不動産投資講座【全20本300時間の動画講座】

遂に完成しました!!

元大手不動産仲介トップ営業マンで現在専業大家である私MASAが作った、不動産投資をこれから始めたい人、うまくいっていない人、さらに学びたい人のための不動産投資オンライン教育プログラムです。

全20本300時間におよぶ動画講座ですので、気軽にストレスなく学ぶことができます。

興味がある方は、システムの関係で限定5名様(残り2名様)ですので、お早めにどうぞ!

失敗しない不動産投資講座


【失敗しない不動産投資コンサルティング受付中】

不動産投資初心者やうまくいっていない方のために、正しい不動産投資の進め方や考え方をコンサルティングします。
2つのコースをご用意しました。

①100円/分(電話形式) 詳しくはコチラ
②30分2,000円(ビデオチャット) 詳しくはコチラ

時間制なので、できるだけ端的に解決できるよう利用者からの質問形式で行います。
不動産投資のことであれば何でも大歓迎ですので、ぜひご利用ください。

また不動産物件を購入する際、良いと思う物件を見つけたとしても、本当に大丈夫か誰かに相談したくなることもあるかと思います。
そこで、福岡市内全域および周辺地域に関しては、検討物件購入判断コンサルも行います。
知らない地域は助言が適切ではなくなるため、上記地域限定になりますがご了承ください。
その時に考え方も説明しますので、不動産のスキルも身に付けることができます。
ぜひお気軽にご利用ください。


【PR】
物件売却のための無料査定は、信頼と実績の東急リバブルがおすすめです!
1,顧客満足度92%達成!※
お取り引きいただいたお客様の9割以上がまた東急リバブルを利用したいと回答!
※2017年10月1日~2018年9月30日の間に当社売買仲介店舗にてお取引いただき、
アンケートにて再度当社を利用したいとご回答いただいたお客様の割合
2,豊富な仲介実績
年間で25,570件の不動産売買を仲介しており、1日なら約70件、21分に1件の
売買を仲介している計算になります!(※2018年度実績)
3,安心の売却サポート
「あんしん仲介保証」や「リバブル売却保証システム」等、オーナー様に
ご安心いただけるようなサポート体制も充実しております!

-不動産のこと, 不動産投資

© 2021 ためなるブログ Powered by AFFINGER5