Uncategorized

福岡は移住に最適!?住みやすい街ランキング常連【福岡】8つの魅力

福岡は移住に最適!?住みやすい街ランキング常連【福岡】8つの魅力
困っている人
福岡の街は住みやすいって聞くけど、本当なの?

こんにちは、専業大家のMASA(@2103ou_masuke)です。

先日こんなツイートをしました。

僕自身はこのように思っていますが、全国で調査している様々な「住みやすい街ランキング」でも、福岡は常に上位にランクインしている人気都市です。

九州のビジネスの中心であり、天神や中州などの大きな繁華街もあります。

コロナ前はアジアからの観光客も大変多く、昼間繁華街に出ると、半分以上がアジアからの観光客では?と思うほどでした。

そんな福岡の街は、なぜ住みやすい街ランキングで必ず上位にランクインしているのか、また本当に住みやすいのか、など知りたい方も多いと思います。

そこでこの記事では、福岡に生まれ育ち、様々な街に住み、日本一周の経験もある僕が、福岡のリアルな魅力をお伝えしていきます。

僕は福岡で不動産業を長年してきて、福岡の街を知り尽くしていますので、かなり正確な情報をお届けできると思います。

福岡の魅力をぜひ最後までご堪能ください♪

 

福岡は食べ物が美味しい!

食といえば「食の台所、大阪!」のイメージが強いですが、僕は日本で美味しいものが日常的に食べれるところといえば、やはり北海道と福岡だと思います。

福岡といえば、水炊き、もつ鍋、ラーメン、明太子、焼き鳥などが有名ですが、それだけではありません。

玄界灘の荒波にもまれた魚は最高にプリプリですし、九州各地から届く最高級の牛肉・豚肉・鶏肉、山の幸も豊富にあります。

日常的に食すスーパーなどで買える食材も、質が高く安価なものばかりです。

よく県外の人が言うのは、福岡はどこの店に行っても美味いということです。

チェーン店が少なく、個人店がひしめき合って競争しているので、美味しくないと生き残れないのがその理由の一つです。

観光客には人情味あふれる屋台も人気ですよね。

 

福岡は物価が安い!

福岡は、家賃をはじめとした物価が安いことが、住みやすい理由として挙げられます。

福岡中心部の1Rや1Kの家賃相場は、4万円〜5万円程です。

物件のスペックによっては、中心部でも2万~3万円台の物件を見つけることができます。

食料物価も安く、平成27年の国勢調査では、21大都市中、食料物価の安さで1位を獲得しています。

食べ物がおいしいだけでなく安く手に入るなら、毎日のことなのでこれほどありがたいことはありません。

最近は人口の増加に伴い、家賃も飲食店も物価が上がりつつありますが、それでもまだまだ首都圏に比べると生活しやすい環境と言えるでしょう。

 

福岡は人が優しく熱い!

福岡人の特徴は、飲み事が好きで明るく、人当たりが良くて義理堅いところでしょうか。

優しくて熱い人が多いのですが、飲み好きな人が多いだけに一歩間違うと、熱くなりすぎて問題を起こす人になってしまいがちです^^;

福岡での飲みは、だいたい朝方までになりますからね笑

交通マナーや口が悪かったり、やんちゃな人も少なくはありませんが、実直で基本的に根っから悪い人は少ない印象です。

スポーツも盛んですし、いろんな意味で才能豊かな人も多いですよね。

博多はもともと商人の町なので、いわゆる商売人気質の人が多く、自分で商売をしている人も多いのではないでしょうか。

 

福岡は可愛い子、おしゃれな子が多い!

福岡は、女性が多い街としても知られています。

令和2年4月1日時点で、男性が752,857人、女性が844,096人と、男女の比率は約1:1.12となっています。

しかも綺麗な女性が多いので、男性にとってはパラダイスのような街です笑

男性でなかなか結婚できないという人は、福岡に来たら結婚できるかも!?

また、男女ともにおしゃれな人が多いのも特徴です。

アパレルや美容室が多く、美意識が高い人たちが集まっている街だと言えます。

九州の人たちは、みんな福岡に憧れを持ち集まっていて、単身世帯が多く、それぞれ自分がやりたいことを楽しんでいる人が多い印象です。

 

福岡は海・山など自然が近くて豊富!

福岡は、大都市にもかかわらず、自然豊かな場所がたくさんあります。

中でも、福岡市の中心にある大濠公園は、大きな公園で楽しんだり、ボートを楽しんだり、ランニングをしたりと、様々な人が快適に過ごせる場所として多くの人が集まります。

車で30分~1時間ほど足を伸ばすだけで、多くの自然に触れ合うことができます。

「糸島の綺麗な海」「糸島の白糸の滝」「背振山」「油山」「フェリーで行く能古島」「海の中道・志賀島」など、ハイキングや海水浴を楽しむことができます。

特に糸島は、ダウンタウンのまっちゃんに、「移住しようかなぁ」と言わせるほど注目のエリアで、芸能人の方々も頻繁に訪れるようになりました。

観光には、「福岡タワー周辺エリア」「太宰府天満宮」「宮地嶽神社」「中州屋台」などが有名で人気ですよね。

あるあるですが、福岡の人たちはあまり行かないですけどね^^;

 

福岡は自然災害が少ない!

福岡は自然災害がとても少ないのがいいんですよね。

福岡中心部で記憶に残る災害といえば、1999年に博多駅が浸水した豪雨災害と、2005年に発生した福岡県西方沖地震ぐらいです。

九州なので台風はよく通りますが、福岡は毎回「え?台風きたの?」という感じで終わります。

地震が全国的に見て最も少ないエリアというのが、不動産やっている僕としては安心できます。

関西も関東も東北も北海道も、しょっちゅう地震がありますからね^^;

 

福岡はコンパクトシティで便利!

博多駅

福岡は日本でも屈指の「コンパクトシティ」と言われています。

コンパクトシティとは、ビジネスや生活上で必要なものや交通などの都市機能がコンパクトにまとまっていることを意味します。

福岡では地下鉄やJR、西鉄電車が走り、福岡市・北九州市・久留米市には新幹線が止まり、「バス王国」と言われるほどバスが張り巡らされています。

福岡空港までは、地下鉄で天神から約12分、博多駅からはなんとわずか5分でアクセス可能です。

東京までの飛行機の運行本数は1時間に3~5本あり、航空会社もANAやJALのほか、スカイマークやLCCなどの格安航空がたくさん飛んでいます。

福岡一の夜の繁華街である中州は、博多駅と天神の中間にあり、繁華街が10キロ圏内にギュッと集まっています。

飲みが何時になっても、自宅までタクシーで帰れる距離だからいいんですよね^^

自宅から会社までの通勤時間が短くて済むのも、コンパクトシティならではです。

総務省が行った「社会生活基本調査」では、通勤・通学時間(平日の片道換算)が34.5分と、その短さでは7大都市圏の中で1位となっています。

通勤は毎日のことですし、東京のように毎日満員電車に揺られるのは辛すぎますからね^^;

 

福岡はアジアに近い!

これからはアジアの時代が来ると言われています。

そんなアジアに日本で最も近いのが九州であり、その九州の最大都市が福岡です。

先ほども言った通り、実際にコロナ前はアジアからの観光客がものすごく来ていました。

観光客だけでなく、下のグラフの通り留学生や在住外国人も増えていて、将来福岡で活躍する人材が増えることは、福岡のさらなる成長へとつながります。

福岡市の在住外国人

僕自身、僕の飲食店でベトナム人を雇ったことがありますが、とてもマジメで勤勉です。

残念ながら日本人よりよっぽど優秀な人が多い印象です^^;

早くコロナを克服して、またアジアの人々がたくさん来るようになることを願うばかりです。

 

福岡の悪いところ

これまで福岡の住みやすい所や良い所を解説してきましたが、悪い点も解説しておきたいと思います。

一番の懸念点は治安です。

全国的に見て治安が良いとは言えません。

僕は生まれ育った街なので、特別危険を感じたり、治安が悪いと思ったことはありませんが、最初の福岡人の特徴で解説した通り、気性の荒い人が多いので、いろいろとトラブルになることもあります。

また、交通ルールを守らない人や運転の荒い人が多く、毎年交通事故件数は上位にランクインしてしまっています。

これはもしかすると、福岡の道路が狭いことも影響しているかもしれません。

もともと道路が狭いのに、さらに福岡の人口は増えていっているので、この先どこに行っても渋滞といった現象になることを危惧しています。

福岡は、近年移住やUターンなどで人口が増加しています。

2015年の国勢調査において、対2010年の増加数と増加率で、全国指定政令都市の中でトップとなっています。

現在、約160万人が暮らす福岡市では毎年1万人のペースで人口が増加しています。

このまま人口増加が続くと、人口密度が高くなります。

「密」といえばコロナですが、今後このまま人口が増加していくと、コンパクトシティというメリットがデメリットになる可能性があるかもしれません。

 

福岡で人気のエリア

福岡タワー

最後に福岡の人気エリアにも触れておきましょう。

人気エリアNo1は何といっても、みんなの憧れ中央区です。

中央区には、若者が集まる福岡一の繁華街「天神」があり、多くの人が観光や仕事、ショッピングで行き交っています。

福岡中心の繁華街にも関わらず、福岡城跡や大濠公園といった自然を感じることができるスポットも多数あります。

ちなみに僕はこの中央区のど真ん中に住んでいて、大濠公園にランニングに行ったりしています^^

次に人気のエリアは博多区です。

「博多駅」「中州」「福岡空港」があるのが博多区です。

県外から来る人達は、遠くへのアクセスや知名度からか博多区を選ぶ傾向がありますが、福岡の地元の人たちからすると中央区の方が人気があります。

人気エリアを交通アクセス面でいうと、

  1. 地下鉄空港線
  2. 地下鉄七隈線
  3. 西鉄天神大牟田線
  4. 地下鉄箱崎線
  5. JR鹿児島本線

といった順番でしょうか。

やはり鉄道線沿いが人気で、バス便エリアは敬遠される傾向にあります。

最近は人口の増加に伴い、西は糸島、東は糟屋や福津、南は大野城や春日エリアに、居住エリアが広がっていってます。

今後どのようにエリアが拡大していくのか、また人気になるのか要注目です。

 

まとめ

いかがでしたか?

福岡の魅力が伝わりましたでしょうか?

県外から単身赴任で来た人の多くは、「このまま福岡に移住したい」となるほど、福岡は住みやすい街です。

おそらく今後ますます福岡は、いろんなシーンで注目される街になることでしょう。

そんな街で不動産賃貸経営をしている僕は、ツイてるとしか言いようがありません笑

移住を検討している人は、ぜひ福岡も候補に入れてみてくださいね。

 

元大手不動産トップ営業マンの専業大家が教える不動産投資講座【全20本300時間の動画講座】

遂に完成しました!!

元大手不動産仲介トップ営業マンで現在専業大家である私MASAが作った、不動産投資をこれから始めたい人、うまくいっていない人、さらに学びたい人のための不動産投資オンライン教育プログラムです。

全20本300時間におよぶ動画講座ですので、気軽にストレスなく学ぶことができます。

また特典として、Zoomでのコンサルティングも1時間無料でお付けしています。

システムの関係上、限定5名ですので、興味のある方はお早めにどうぞ!

失敗しない不動産投資講座

-Uncategorized

© 2021 ためなるブログ Powered by AFFINGER5