自己啓発

挑戦することを恐れている人へ【新たなチャレンジしたくなります】

挑戦する男
困っている人
新たなことに挑戦したいとは思ってるんだけど、なかなか一歩が踏み出せない・・
じゃあ何で一歩が踏み出せないと思う?
MASA
困っている人
う~ん、不安なのと・・失敗が怖いのと・・きっかけがないからかなぁ・・
そしたら、挑戦したくなるような話をしよーか?
MASA
困っている人
はい!お願いします!!

こんにちは、MASA@2103ou_masuke)です。

新しい挑戦をしたいけど、なかなか一歩が踏み出せないという方も多いのではないでしょうか?

これからの時代は、就職してその会社で定年までという人はほとんどいなくなると思います。

必ずどこかで新たな挑戦をしないといけない時が来ると思います。

私の人生は新しいことへの挑戦の連続でした。

詳しくはプロフィールをご覧ください。

ではなぜ次から次へと新たな挑戦ができたのか?

この記事では、その考え方を紹介することで、挑戦しやすくなるメンタルセットを習得していただけたらと思います。

 

新たな挑戦に、そしてこの世に失敗はない

人はなぜ失敗を恐れるのでしょうか?

財産を失うから?時間が無駄になるから?恥ずかしいから?

これすべて間違いです。

日本には破産という制度があり、命まで奪われることはありません(家族がいたとしても、今の時代Uber Eatsの配達員でも月40万円稼げる時代です)。

挑戦した時間や経験はあなたの財産になるはずです。

誰が挑戦したあなたを馬鹿にするのですか?そんな人はいませんし、そんな時代は終わっています。

そもそも私は挑戦し続ける限り、この世に失敗なんてないと思っています。

エジソンは電球を作る時、気が遠くなるほど何度も失敗していますが、エジソン自身はそれを「これでは失敗することがわかったという成功だ」と失敗を成功と捉えています。

同じことを繰り返せば、それはただの失敗といえるかもしれませんが、失敗したことで進歩することができれば、それは成功になります。

失敗は成功を諦めた時に失敗となるのです。

ということは、進歩する限り、この世に失敗はないということになります。

また、世の中「成功」は約束されないけれども、必ず「成長」は約束されています。

失敗=成功とできるかどうかは、自分自身の考え方一つなのです。

ポイント

挑戦し続ける限り、この世に失敗はない。

 

自分で自分の可能性を閉ざさない

自分にはできないから・・と、最初から諦めている人も多く見かけます。

人は自分の経験や知識(記憶)をもとに、「これくらいならできそうだ」「これはさすがにできない」などと、自分の可能性に上限を設けようとします。

しかしそれは、自分の可能性を制限しているだけで、やってみると意外にできたりするものです。

挑戦する人は、次々とできる経験(記憶)が身につくので、どんどん可能性が広がっていきます。

ノミの実験の話をご紹介しましょう。

本来2mジャンプできるノミが、数日間、高さ50cmのカバーをかけられると、外したあとも 50cm 以上飛べなくなる。

そして 50cm しか飛べなくなったノミを再度 2m 飛べるようにする方法は、その場に 2m 飛べるノミを投入するだけ。

要は、自分にかけている制限は、ただの記憶であり、限界とは本人の思い込みに過ぎないということです。

自分の限界(可能性)は自分にもわからないものですので、もっと大きな可能性があるかもしれません。

常に自分の限界(可能性)に挑戦し続けましょう。

ポイント

自分にかけている制限はただの記憶であり、限界とは本人の思い込みに過ぎない。

 

現状維持は衰退の時代

人間は環境の変化をとにかく嫌がる生き物です。

ほとんどの人が楽な環境を好みますし、環境を変えることを嫌がります。

それはたとえ自分に危機が迫っていたとしてもです。

カエルは熱湯の中に入れると熱くてピョンと飛び跳ねて逃げますが、水の状態の時から入れて沸騰させていくと、気付かずに茹で上がります。

要するに、ぬるま湯に長いこと浸かっていると、忍び寄る危機に気付くことができずに、気付いた頃には時すでに遅しということもあることを覚えておく必要があります。

現代はすごいスピードで世の中が変化しています。

コロナ禍での働き方や生活の変化もそうですよね。

こういった時にいち早く変化に対応できる人だけが生き残れる社会になっていきます。

環境が変わることを恐れずに、むしろ環境の変化に伴う新たな挑戦を楽しむくらいの気持ちで、いち早く変化に対応できるようにしましょう。

ポイント

いち早く変化に対応(挑戦)できる人だけが生き残れる社会になってきている

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  1. 失敗という概念自体が間違っている
  2. 自分の可能性を自分で閉ざしてしまっている
  3. 時代の変化は早く、現状維持は衰退である

このことを理解できれば、おのずと挑戦する気持ちにもなれるのではないでしょうか?

今後は新たなことに挑戦できる人だけが生き残れる社会になります。

気付いていない人も多いかと思いますが、手取り額は年々減っています。

今後コロナの影響でその傾向はますます強まるでしょう。

現状維持は衰退ということを肝に銘じましょう。

-自己啓発

© 2021 ためなるブログ Powered by AFFINGER5