本ページはプロモーションが含まれています。


【世界中のマーケットへ売りからも投資できるCFD取引のススメ】

相場の下落局面では、株以外の投資商品に幅広く投資できる環境や、売りから取引する「空売り」が気軽にできる環境が必須です。

私が使っているGMOクリック証券のCFDでは、このどちらの環境も満たした取引を行うことができます。

原油や金などのコモディティ商品、日経225やアメリカ株(ダウ、SP500、ナスダック)などの各種株価指数、アメリカや中国の個別株、各種ETFなど様々な投資商品が売りからも取引可能です。

投資で成功するには、下落相場でも利益を上げることが重要ですので、ぜひこの機会に下のボタンからCFDの口座を開設し、「株以外の投資商品への投資」と「空売り」にチャレンジしてみてくださいね!

GMOクリック証券の口座開設をする


お金・投資

つみたてNISAとiDeCoを活用したおすすめの最強資産運用術!

つみたてNISAとiDeCoを活用したおすすめの最強資産運用術!
困っている人
つみたてNISAやiDeCoをやりたいんだけど、おすすめの投資信託や資産運用を教えて!

こんにちは、元証券マンでFP技能士のMASA@2103ou_masuke)です。

コロナの影響で貧富の差は大きくなり、この傾向は今後ますます拡大していきます。

さらには、コロナで大盤振る舞いした分のツケが、近い将来大増税などという形で私たちに跳ね返ってくることは目に見えています。

追い打ちをかけるように円安やインフレが進み、私たちの生活は厳しくなる一方です。

自分の生活や資産は、自分で守らなければいけません。

しかし資産の守り方がわからない、資産運用したいけど何をどのようにすればいいかわからないという方も多いかと思います。

NISA」「つみたてNISA」「iDeCo」という言葉を聞いたことある人は多いかもしれませんが、残念ながらその内容まで多くの人に広まっているとは言えません。

簡単にいうと、資産運用するうえで税制上有利になる制度ですが、各制度の概要は以下の通りです。

NISA&iDeCo比較表

この中でNISAは計600万円までしか非課税にならないことと、年間120万円は月間10万円なので、現実的に全額投資は難しい人も多いかと思います。

そのため、今から投資を始める初心者に最もおすすめなのが、つみたてNISAとiDeCoを活用した資産運用と節税です。

つみたてNISAは、年間40万円まで非課税なので月間33,333円、かつ計20年の800万円まで投資が可能で、iDeCoは会社員(会社に企業年金がない)の場合、月額上限23,000円までと、どちらも上限まで利用可能な現実的金額です。

iDeCoにいたっては、下記のように「運用時」「運用中」「運用後」すべてで税制上有利になります(詳しくはiDeCo公式サイトをご覧ください)。

iDeCoの税制上有利なポイント

  1. 運用時の掛金が全額所得控除!
  2. 運用中の運用益も非課税で再投資!
  3. 運用後の受け取る時も大きな控除!

そこで当ブログでは、つみたてNISAとiDeCoを最大限活用した資産運用術を解説します。

長年様々な投資を経験してきた私が辿り着いた答えです。

私は大学生から株を始め、証券会社に勤めていた経験があり、ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を持ち、今でも勉強を続けています。

そんな私が考えるおすすめの投資信託や資産運用術を公開していきます。

もう国に頼るのはやめましょう。

もう国に頼れる世の中は終わり、今後は国が私たちの資産を搾取してくるはずです。

このブログでは自分の資産を防衛する方法まで学べます。

ぜひ最後までご覧いただき、自分のため家族のために正しいファイナンシャルリテラシーを身に付けましょう!

こんな人に読んでほしい

  • 資産運用をこれから始める人
  • 資産運用初心者で勉強したい人
  • おすすめの投資信託が知りたい人

 

資産運用の正しい考え方

資産運用という言葉を聞いて何を思い浮かべますか?

「株」「投資信託」「債券」「FX」「不動産」あたりが思い浮かぶのではないでしょうか。

資産運用は単純にこういったものに投資をして、増やしていけば良いという話ではありません。

増やそうとして株に投資し、増やすどころか大損してしまったという人もいるかと思います。

資産運用には「増やす」と「守る」役割があり、それぞれをバランスよく考えていかなくてはなりません。

理想的な状態を言葉で表すと、「守りながら増やす」ということです。

この感覚を掴み、コツコツ実践していくことがより良いゴールに繋がります。

決して短期間で増やそうとしてはいけません。

資金が少ない人ほど、お金に対する欲が強い人ほど、間違った資産運用をしがちです。

私も経験があるので気持ちはわかりますが、そういった人は大損して後悔するのがオチです。

遠回りなように見えて、守りながらコツコツ増やす人が最終的に勝ちます。

次項から「増やす」と「守る」に焦点をあて、それぞれ解説していきます。

ポイント

決して短期間で増やそうとしてはいけない。守りながら増やす感覚が重要!

右肩上がりに増やす

 

資産運用で増やす方法

資産運用で増やすためには、それなりのリスクを取らなくてはなりません。

考えるべきことは、長期的に誰でも簡単に増やすことができて、かつリスクもできるだけ低い方法はないかということです。

誰でも簡単にできて、かつリスクが低いとなると、より大きな視点で考える必要があります。

例えば投資する際に、専門性(難易度)の高さとリスクの高さを高い順に並べると、企業→業界→国→世界となります。

どこの企業が伸びるかよりも、どの業界が伸びるかの方が簡単で、どの国が伸びるかは勉強しなくてもある程度誰にでもわかりますよね。

世界までいくと、「世界経済は今後発展していくか」だけを考えればよいことになります。

幸い世界は年々経済発展とともに裕福かつ便利になってきており、長い歴史の中で世界経済が後退したのは、今回のコロナ危機やリーマンショックなどのとてつもなく大きな要因があったときだけです。

世界GDP伸び率

代表的な資産運用の商品の難易度についても考えてみると、専門性(難易度)の高い順に、不動産投資→株(債券)→投資信託となります。

こうやって考えていくと投資信託で全世界を買えばよいだけという答えが見えてきます。

より詳しい投資哲学については、下の記事もあわせてご覧ください。

投資初心者必見!株投資で失敗しない考え方や哲学を教える勉強ブログ
投資初心者必見!株投資で失敗しない考え方や哲学を教える勉強ブログ

困っている人投資初心者なんだけど、投資ってなんか怖い・・ 投資で失敗しないための考え方や知っておくべき知識は何? こんにちは、元証券マンで専業大家のMASA(@2103ou_masuke)です。 投資 ...

続きを見る

 

資産運用で守る方法

守る方法については、少し勉強が必要になります。

私たちは裕福な日本で生まれたためか、通貨に対するリスクの意識が低すぎるように感じます。

特に高齢者は、未だにタンス預金が最も安全と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかしタンス預金では、急死してそのままになってしまうリスク、あることを忘れるリスク、火事で燃えてなくなるリスク、強盗にあうリスク、インフレが起こり円の価値が下がるリスク、国がデフォルトになり円の価値がなくなるリスクを抱えていることになります。

銀行預金では、預金封鎖リスク、インフレリスク、通貨リスクなどが考えられます。

特にインフレリスクと通貨リスクについては、今後起こりうる可能性が高いにもかかわらず、私たちは経験がないために想像ができず対処していない人が多い印象です。

コロナによって、世界の中央銀行はお金をばら撒き続けました。

マネーサプライ急増

世の中のすべてのものは需要と供給で価値が決まりますので、通貨の供給量が急激に増えれば、通貨の価値は下がることになります。

通貨の価値が減少すれば、ものの価値は相対的に上がることになりますので、当然インフレが起こります。

2023年3月現在、実際に全世界でインフレが起こっています。

膨れ続ける国の借金により、国がデフォルトすることも考えておかなければなりません。

そこで、こういった通貨リスクから資産を守るために、円をドルなど外国の通貨に替えたり、通貨だけではなくコモディティなどの実物資産へ替えておく必要があります。

このように守ることを考えるときも、より大きな視点で考えなくてはなりません。

「分散投資」という言葉はほとんどの方が知っていると思いますが、例えば日本株だけで何銘柄も保有し分散投資と言っても、それは真の分散投資とは言えません。

日本株はすべて円建てだからです。

またリスクヘッジを考えるときには、ボラティリティ(変動幅)を小さくすることも考慮しなければなりません。

ボラティリティとは

ボラティリティとは、一般的に価格変動の度合いを示す言葉で、「ボラティリティが大きい」という場合は、その商品の価格変動が大きいことを意味します。

このボラティリティを小さくするためにも、正しい分散投資は必須となります。

お金を守る

 

最強のおすすめ投資信託eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)

困っている人
じゃあ結局何に投資すればいいの?

以上を踏まえ、増やしながら守れる資産運用を目指すうえで、おすすめの投資先はずばり「eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)」これ一本で十分です。

おすすめの理由は以下の通りです。

ポイント

  1. 予測不能なリスクを最大限抑えることができる
  2. 通貨リスクを最大限抑えることができる
  3. 自動リバランスにより、常に強い国や企業の恩恵を受けることができる
  4. 手数料が最低水準
  5. 勉強が不要かつ放置できる

それぞれ解説していきます。

 

予測不能なリスクを最大限抑えることができる

国際秩序の乱れやコロナによる世界的な大規模金融緩和により、世界経済の長期的な見通しが難しくなっています。

今後は米中による新たな冷戦が開始される可能性もあります。

今までは米国やドル一強の時代でしたが、別の流通市場が形成されるかもしれません。

こういった先行き不透明な時こそ、これ以上ない世界への分散投資をしている全世界株式ファンドのリスクヘッジ能力が威力を発揮します。

実際に、コロナの時は世界規模で急落したので当ファンドも急落しましたが、直近の米国市場の暴落による下げにはヘッジできているなど、安定的に推移しています。

【eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)の基準価格推移グラフ】

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)の基準価格推移

出典:三菱UFJ国際投信 月次レポート(2023年02月28日現在)

こういった多くの国に分散投資をしたインデックスファンドは、長期的には安定して利益を出してくれます。

 

通貨リスクを最大限抑えることができる

日本人最大のリスクは、ほとんどの人がすべての資産を日本円で保有していることです。

円が紙くずになったら、全財産を失うことになります。

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)で全世界の株式に投資することは、全世界の通貨に投資することにもなります。

これは多くの人が思っている以上に、とても重要なリスクヘッジです。

 

自動リバランスにより、常に強い国や企業の恩恵を受けることができる

ここでのリバランスとは、会社の成長に伴って変化した時価総額による投資配分の比率を修正していくことです。

つまり世界的に強い企業への配分が多くなるようリバランスされることで、常に大きな企業の大きな利益が期待できます。

例えば今後中国の時代が到来するとしたら、中国の企業が力を付けて時価総額が大きくなっているはずで、同時に全世界株式ファンドの投資配分も、その企業へ投資比率を高めていることになります。

これを自動で行ってくれるわけですから最高ですよね。

それぞれの投資先を下表にて確認しておいてください。

【eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)の投資配分】

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)の投資配分

eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)の投資配分(企業)

出典:三菱UFJ国際投信 月次レポート(2023年02月28日現在)

現在の時価総額の関係で、どうしてもアメリカの主要株式への投資比率が約60%ほどと大きくなりますが、世界経済はアメリカが引っ張っていることや、新たなイノベーションはアメリカから始まることが多いことを考えると妥当です。

 

手数料が最低水準

eMAXIS Slimシリーズは、他にも最も有名な「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」や「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」など、豊富な数の商品を取り揃えています。

eMAXIS Slimシリーズの特徴は、何と言っても圧倒的に低い運用コスト(信託報酬)です。

運用コストは0.1%違うだけでも、長期間でみると大きな差になりますので重要です。

 

勉強が不要かつ放置できる

投資の勉強をする時間はないけど、投資の必要性は分かっていて投資したいと考えている、という人が実際にはほとんどだと思います。

そういった人こそ、このeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)はピッタリの投資信託です。

最大限リスクをヘッジしながら、全世界の経済成長や利益を享受できるわけですからね。

しかも購入後も一切気に掛ける必要がなく、むしろ放置した方がいいくらいです。


以上、解説してきた通りeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)一本でも十分ですが、私はインドとベトナムの投資信託にも投資しています。

今後はインドやASEAN諸国などのアジアが、世界的に最も経済成長を遂げると予測されており、かつインドやベトナム株の値動きは先進国の株価と相関係数が低く、違う方向に動くことも守りを強くするポートフォリオを作るうえでは重要だからです

異なる値動きをするインドやベトナム株を加えることで、ポートフォリオ全体のボラティリティやリスクが下がって、期待リターンが上がるようなポートフォリオ効果が期待できます。

米国株にインド株を組み合わせた場合のリスクとリターン

出典:イーストスプリング・インベストメンツ株式会社

より投資に力を入れたい人は、参考にしてみてください。

ベトナム株投資信託への投資については、下の記事をご覧ください。

投資信託はベトナムロータスファンドがおすすめの理由と今後の見通し
投資信託はベトナムロータスファンドがおすすめの理由7選と今後の株式市場見通し

困っている人今話題のベトナムの投資信託、特にベトナムロータスファンドについて教えて! こんにちは、専業大家兼投資家のMASA(@2103ou_masuke)です。 インド株や東南アジア株が注目されるよ ...

続きを見る

 

つみたてNISAとiDeCoを活用!おすすめの資産運用とシミュレーション

以上のことを鑑みて、ここではつみたてNISAとiDeCoを活用した、増やしながら守れる最強の資産運用を考えていきましょう。

ここではつみたてNISA月額上限の33,333円と、iDeCoの月額上限23,000円(会社員の場合)の計56,333円を毎月投資にあてるものとします。

56,333円全額をeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)に投資してもいいですし、5万円のみ投資して残りの6,333円は他の商品に投資しても良いかと思います。

ちなみに私は証券投資の70%をeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)に、残りの20%をインド株投資信託、残りの10%をベトナム株投資信託に投資しています。

この投資配分により、eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)の60%を占めるアメリカ株の比率が、証券投資全体では42%になりますので、バランスの良いポートフォリオになると考えています。

さて話は戻って、すべての投資用資産をeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)に投資した場合、過去のパフォーマンスからは年間5%以上のリターンが期待できます。

毎月積立額56,333円を想定利回り5%で、20年間で運用した場合のシミュレーションは以下の通りです。

資産運用シミュレーション20年

最終積立金額は、23,154,760円になります。

30年間のシミュレーションは以下の通りです。

資産運用シミュレーション30年

最終積立金額は、なんと46,883,626円にもなります。

複利の力は本当にすごいですよね。

実は毎月約5万円ほどを正しく投資することで、誰でも簡単に5,000万円近い資産形成をすることが可能だということです。

誰でもできるとてもシンプルな資産運用ですので、ぜひ今月からすぐに実行してみてください。

※月56,333円を投資に回すという設定です。当然この他に現金も貯蓄していく必要があります。

 

おすすめの購入方法

おすすめの購入方法は、前項で説明した配分で毎月積み立て購入していくことです。

毎月の積み立て方式は、価格が低いときの購入量は多くなり、価格が高いときの購入量は少なくなるため、購入単価を下げることができます。

これを「ドルコスト平均法」と言います。

複利の力とドルコスト平均法の力は偉大ですので、これらの力を借りてコツコツと積み上げていけば、先ほどのシミュレーションのように20年後には驚くほどの資産になっているはずです。

詳しくは下の記事もあわせてご覧ください。

取引口座はどの経済圏を利用しているかで、SBI証券楽天証券からの購入をおすすめしています。

SBI証券を利用して投資する場合は、三井住友カードを使ったクレジットカード積立投資により、一般カードで0.5%、ゴールドカードで1%、プラチナプリファードカードで5%のポイントがもらえます(月額上限5万円)。

私はゴールドカードを利用していますが、投資で長期にわたって毎年1%の利益を上げる難しさを考えると、とんでもない特典ですよね。

SBI証券で投資する際は、必ず三井住友カードを使った積立投資で購入するようにしてください。

SBI証券で口座開設する

三井住友カードをつくる

楽天証券を利用して投資する場合は、楽天カードから購入することでポイント1%還元(ベトナム・ロータス・ファンドの場合)となっています(月額上限5万円)。

投信積立の楽天キャッシュとクレジットカード決済の違い

出典:楽天証券

楽天クレジットカードを利用することでお得に購入できるので、口座開設と合わせてクレジットカードも作っておきましょう!

楽天証券の口座を開設する

楽天カードを申し込む

注意ポイント

つみたてNISAで作れる口座は一つだけですので注意しましょう。
また、iDeCoでeMAXIS Slimシリーズが購入できるのはSBI証券のみなので、iDeCoを利用する人はSBI証券口座が必須となります。

ちなみに、毎月の投資額を増やしてもっと早く大きく育てたいという方は、下の記事もあわせてご覧ください。

お金がない人必見!お金を貯める方法とお金の増やし方
お金が貯まらない人必見!節約しながらお金を貯める方法と増やす方法

困っている人いつも給料日前はお金に困る・・。お金を貯める方法を教えて! こんにちは、不動産投資家のMASA(@2103ou_masuke)です。 世の中、何をするにしてもお金がかかります。 しかし給料 ...

続きを見る

年間30万円以上節約できる!今すぐ見直すべき家計の不要固定費8選
家計の固定費を見直して30万円節約!生活費で削減すべき支出8選

困っている人家計の固定費を見直したいんだけど、節約や削減すべき支出を教えて! こんにちは、節約大好き専業大家のMASA(@2103ou_masuke)です。 先日こんなツイートをしました。 【節約可能 ...

続きを見る

 

まとめ

いかがでしたか?

資産運用するうえで重要なのは、適切な分散投資により資産を守りながら確実に増やしていくことです。

今回おすすめした投資信託はすべて外貨建てですので、円資産のみを持つリスクもうまくヘッジしています。

不思議なもので、投資は早く増やそうとするほど、株価を予想しようとすればするほど失敗する可能性は高まります。

自分の考えや感情を入れず、かつドルコスト平均法のメリットが享受できる積み立て投資だからこそ、良いパフォーマンスが期待できる資産運用術です。

投資を勉強したり研究したりする時間が省けること、精神的な負担がかからないことも大きなメリットです。

これから投資を始める人、これまで投資でうまくいかなかった人は、ぜひ参考にしてみてください。

さらに学びたい方は、私の下記書籍もあわせてご覧ください。

誰でも簡単にお金持ちになれる方法
貯金・節約・資産運用術、最強ポートフォリオや最適年収を大公開!

支出を減らし、収入を増やす。そして貯金を資産運用して確実に増やしていくための方法が学べます。ここで紹介している資産運用は不動産投資以外の投資信託などによる運用法です。無知は損です、賢く生きましょう!

 

  • この記事を書いた人

MASA

福岡在住の専業大家|不動産投資により30代でFIRE|不動産歴10年|不動産投資コンサルティング実績100件以上|宅地建物取引士&ファイナンシャルプランナー保有|元大手不動産売買仲介トップ営業マン|車で日本一周達成|サッカー&格闘技に没頭中|子育て奮闘中

-お金・投資

© 2023 ためなるブログ Powered by AFFINGER5